調査概要
「社会階層と社会移動」宇垣調査(本人票)
調査代表者 直井優
共同グループ名 大阪大学 人間科学部 経験社会学・社会調査法講座
調査方法(モード) 個別面接法・留置法(面接が不可能な者)・郵送法(当日不在あるいは転出した者)
調査員 大学
調査開始年月 1985, 5
母集団地域 岡山県御津郡旧宇垣村
母集団性別 男性のみ
母集団その他 1955年SSMの御津町旧宇垣村・精密調査(選挙人名簿からの等間隔抽出)の対象となった、当時20〜69歳の男性のうち、当時回収のあった188名
標本数 179
回収数 76
回収率 42.46%
調査の領域 農魚山村, 階級・階層・社会移動
論文・報告書
『農村社会の構造と変動―岡山市近郊農村の30年』


この調査に関連があると推測される調査:

「社会階層と社会移動」全国調査(SSM2005-J)
「社会階層と社会移動」全国調査(SSM95・B票)
「社会階層と社会移動」全国調査(SSM95・A票)
「社会階層と社会移動」全国調査(SSM85・女性票)
「社会階層と社会移動」全国調査(SSM85・A票)
「社会階層と社会移動」全国調査(SSM85・B票)
「社会階層と社会移動」全国調査(SSM75)
「社会階層と社会移動」全国調査(SSM65)
「社会階層と社会移動」全国調査(SSM55)
「社会階層と社会移動」全国調査(SSM95・威信票)
「社会階層と社会移動」全国調査(SSM75・威信票)
「社会階層と社会移動」宇垣調査(あととり息子票)
「社会階層と社会移動」宇垣調査(あととり息子の妻票)


この調査に含まれる質問項目を検索することができます。

質問文と選択肢を検索
質問文のみを検索
選択肢のみを検索
     AND検索
OR検索

ページの先頭へ ページの先頭へ
 
ホームを表示はじめにを表示利用規程を表示ヘルプを表示