SOCIAL RESEARCH DATABASE on QUESTIONNAIRES
はじめに

  SRDQでは様々な社会調査の標本設計や質問文・選択肢、さらに一部の調査については調査結果 (個票データ)を公開しています。SRDQによって、既存の社会調査を参考にして社会調査について学ぶことや調査研究を広く発展させることができるようになります。

  毎年数多くの社会調査が行われていますが、これら多数の社会調査についてのデータを蓄積し、利用することは十分に行われていません。これまでの日本の社会調査のデータベースで検索できる項目は、調査名や調査項目などの概要に限られていましたが、これらだけでは今日の優れたデータベースの特性を十分に生かしているとはいえないでしょう。
  そこでSRDQでは、社会調査の内容について、従来のデータベースに収録されているような調査名や調査方法などの調査概要とともに、質問文と選択肢のすべてと利用価値の高い調査についてはその集計結果をデータベース化しています。これにより、関心のある調査設計や質問項目について検索し、その結果を利用することができます。
  その中で、調査の集計結果がデータベース化されているのが、SRDQの特徴です。SRDQでは、インターネットのブラウザだけで、単純集計だけでなくクロス集計表や分散分析、重回帰分析などの多変量解析も行うことできるので、知りたい分析結果を即座に得ることができます。

  データ分析や質問項目検索の方法についてはヘルプをご覧下さい。また、本アーカイブから得られた、集計結果・質問文などの情報の取り扱いについては利用規程をご覧下さい。

  なお、本データベースは大阪大学大学院・人間科学研究科・SRDQ事務局によって運営されています。本データベースの構築に当たっては、平成15年度科学研究費補助金(研究成果公開促進費・課題番号158052)と平成16年度科学研究費補助金(研究成果公開促進費・課題番号168051)の交付を受けました。また、本データベースに収録されています調査データや調査票、報告書については各調査の代表者(一部は分担者)から、許可を得ています。ご協力頂きました調査代表者の皆様にお礼申し上げます。

ホームを表示はじめに利用規程を表示ヘルプを表示